米10年金利いよいよ3%目前 ドルも全面高、108円後半 【US Dashboard】

23日の米国債券市場で米10年金利は2.997%と2014年1月以来、約4年3カ月ぶりの水準まで上昇して3%の節目に迫った。
外為市場では金利差拡大を受けドル全面高の展開となり、ドル円は108円75銭と約2カ月ぶりの円安・ドル高水準を付ける場面があった。

2月の米金利上昇はリスクオフ要因となり、株安や円高・ドル安をもたらした。今回も株価の上値を抑える要因にはなっているものの、小幅な下落に止まっている。

【米長期金利と円・ドル相場の値動き】

一方、同日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に4日続落し、前週末比14ドル25セント(0.05%)安の2万4448ドル69セントで終えた。米10年債利回りが一時2.99%まで上昇したものの、節目の3%を上回れずに伸び悩むと足元で買われていた金融株が売られ、ダウの重しとなった。ゴールドマン・サックスが大幅続落し、終値は2.09%安の246.67ドル。ゴールドマン1銘柄でダウ平均を36ドルほど押し下げ、指数の重しとなった。バンク・オブ・アメリカは0.19%高で小幅に3日続伸したが、JPモルガン・チェースが0.48%安、シティ・グループが0.74%安となり、金融株ETFで純資産が最大の金融株スパイダーETFは0.10%安で終えた。(池谷信久、片平正ニ)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  2. ゴールドマン反落 1Q好決算もトレーディング収益が予想に届かず

  3. 「習演説」で買われた中国関連銘柄 貿易摩擦懸念が後退

  4. どう読むFOMC、「四半期ごとのペースで利上げか」 各社の見解 

  5. ゴールドマンのTOPIX先物売り、背景に何が?

  6. ドルインデックス上昇、ドル高・株高の流れに戻るか

  7. 恐怖指数、2年5カ月ぶりの高水準 NYダウ急落でボラティリティが高まる

  8. ドル円、一時108円台 米財務長官のドル安容認発言でどうなる?

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP