台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

19日の米株式市場でアップル株が大幅に続落し、前日比5.04ドル(2.8%)安の172.80ドルで終えた。一時は172.66ドルまで下げた。アップル向けに部品を供給する台湾の半導体受託最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が19日発表した業績見通しが市場予想を大幅に下回り、アップルのスマートフォン(スマホ)需要の鈍化が警戒された。

TSMCが2018年1~3月期決算と同時に発表した18年4~6月期の売上高見通しは78億~79億米ドルにとどまり、市場予想(88億米ドル)を大きく下回った。TSMCはアップルのスマホ「iPhone8」「iPhoneX(テン)」に使われるCPU(中央演算処理装置)のA11プロセッサを製造するサプライヤー。売り上げの2割がアップル向けとされる。

18年4~6月期はiPhoneの新製品が販売される18年7~9月期の前の四半期にあたるため、需要鈍化がある程度は予想されていた。ただ、4~6月期に新型iPhoneで採用される見込みのA12プロセッサの製造が始まるとみられており、先行きにやや不透明感が出た。TSMCの米預託証券(ADR)は5%下落した。

19日はアップルのサプライヤーである半導体関連銘柄が軒並み大幅安。クアルコムが4.8%安、インテルが2.6%安となった。フィラデルフィア半導体指数は大幅続落し、4.3%安の174.28ドルで終えた。

日本国内の上場企業にもアップルのサプライヤーは多い。TSMCショックは東京市場にも波及し、村田製(6981)やアルプス(6770)など関連株は軒並み下落している。(岩切清司、片平正二)

 <日本国内の主なアップルのサプライヤー一覧>

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. アップル関連株、「親離れ度」で明暗 ショックから3カ月

  2. アルプス株、2つの追い風で一時7%高 統合メリット焦点に

  3. 決算発表たけなわ、EPSは日米ともに歴史的な好調ぶり

  4. ESG投資、笛吹けど踊らぬアップルサプライヤー株

  5. アップル安⇔円安 綱引きの日本株

  6. ナスダック版「恐怖指数」のVXNが30に迫る アマゾン・インテルの下げ響く

  7. 米ナスダック、2月の下げ埋める アップルやネットフリックスがけん引

  8. 米時価総額上位は「AAA」に ネットの巨人5社で東証1部の半分超

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP