裁定売り残が急減、7500億円台に SQで一部ポジション解消も

 東証が18日に発表した13日時点の裁定取引に係る現物ポジションは、売り残が7545億円と前週から3347億円も急減した。減少は2週連続。買い残は1兆6081億円(同1244億円増)で2週ぶりの増加となった。


 この週の日経平均は3週連続の上昇となったが、外部環境に一喜一憂する展開だった。中国の習近平国家主席が貿易摩擦の解決に向けた対話姿勢や市場開放を強調したことで、米中の通商問題への懸念が後退したと受け止められた。しかし、トランプ大統領がシリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑を巡り「48時間以内に大きな決断を下す」と明言したことでシリア情勢が緊迫化するなど、週を通じて模様眺めムードが強く商いは低迷した。
 週末の13日は株価指数オプションの特別清算指数(SQ)の算出日だった。一部のポジションが解消された可能性もある。(本吉亮)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ●●●●●●●で「初日」待ちわびる日経平均 買い手もカタリストも不在

  2. 弱気2万円vs強気2万7000円 2019年の日経平均、各社こう読む

  3. 結果は想定内、気になるのは「トランプの次の想定外」 市場が見た審判の日

  4. 日経平均、「5日」を超え 目指すか2万2000円台

  5. 過去50年の歴史が語る「米国株はピークアウト」 兆しは消費者信頼感指数にあった

  6. 日経平均1000円安のデジャブ それでも「2月と違う」理由

  7. こちらの土台中の土台は 2万4000円台の値固めを支える「積極的な売り手」不在

  8. 「27年ぶり」に待ち構えていたメガの売り 月間1254円の上昇、ラスト1分の失速

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP