新FRB副議長は中立的? 米大統領がコロンビア大教授を指名

トランプ米大統領は16日、米連邦準備理事会(FRB)で金融政策を担当する副議長にコロンビア大学のリチャード・クラリダ教授を指名したと発表した。同氏の名前は昨年後半から浮上しては消えていた。BMOキャピタル・マーケッツのイアン・リンジェン氏は16日付の顧客向けレポートで「過去の著書を紐解けば、単なる経済モデルを追及するタイプではなく政策面の実用性に重きを置いているのが理解できる。これを前提に考えれば、同氏の副議長就任はFRBの金融性に中立性をもたらす可能性がある」との見方を示した。
ひとまず市場の思惑を過度に煽る人事ではなさそうだ。クラリダ氏は議会上院の承認を得たうえで就任する。

(岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 甘くなかったパウエル議長 「帽子からハト」期待の株式市場は失望

  2. アルゴ勢とっくに「Brexit」 2年前からポンドの優先度引き下げ、備えはむしろ日銀緩和への思惑

  3. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  4. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

  5. 米指標が上振れ 緩和的姿勢でインフレ期待じわり上昇

  6. リスクマネーは何を買ったのか 暗黒のX’masから2ヵ月

  7. マイナス金利の日本国債に海外勢が群がる理由 1月も買い越し高水準

  8. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP