新FRB副議長は中立的? 米大統領がコロンビア大教授を指名

トランプ米大統領は16日、米連邦準備理事会(FRB)で金融政策を担当する副議長にコロンビア大学のリチャード・クラリダ教授を指名したと発表した。同氏の名前は昨年後半から浮上しては消えていた。BMOキャピタル・マーケッツのイアン・リンジェン氏は16日付の顧客向けレポートで「過去の著書を紐解けば、単なる経済モデルを追及するタイプではなく政策面の実用性に重きを置いているのが理解できる。これを前提に考えれば、同氏の副議長就任はFRBの金融性に中立性をもたらす可能性がある」との見方を示した。
ひとまず市場の思惑を過度に煽る人事ではなさそうだ。クラリダ氏は議会上院の承認を得たうえで就任する。

(岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 今度は「マイナス金利」でFRBに圧力 利下げ確率⤵で88.8%

  2. 日本国債は相対的に高利回り、海外勢の買いは続く アクサIMの木村氏

  3. 逆イールド「CRAZY」とアンタが言うな! 専門家は景気後退入り「NO」

  4. ゴールどこ?金相場みな強気⤴ 証券「3ヵ月で9%」個人「年末まで2割」

  5. 9月の利下げ織り込み再び急上昇 ダウ急落、企業の景況感みるみる悪化

  6. 100%の利下げ期待、パウエル議長は何を語る あす注目の議会証言

  7. 日銀の国債買い入れオペ「転機」 増額と減額の合わせ技に市場は……

  8. 着々とFRB包囲網 トランプの青い鳥「理事に指名、うれしく思う」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP