テスラが3日ぶり反発 マスクCEO「金を調達する必要はない」

先週末13日の米国市場で電気自動車(EV)大手のテスラが3日ぶりに反発し、2.12%高の300.34㌦で終えた。この日にイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がツイッターで、「明らかにお金を調達する必要はない」とツイートしたことから収益改善期待が台頭。主要指数が下げる中で逆行高となった。


ツイートは「テスラは年内に25億~30億㌦の増資をする必要があるだろう」とジェフリーズの見方を伝えた英エコノミスト誌のツイートに返信する形でつぶやかれた。マスク氏は「エコノミスト誌はかつては無表情で冗談を言ったりして退屈だったが、今は単に退屈だ(ため息)。テスラは2018年7~9月期(3Q)と10~12月期(4Q)に黒字になり、キャッシュフローもプラスに転換するだろう」と業績改善するとアピールしていた。

テスラを巡っては3月27日に米格付会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが格下げしたことで財務不安が高まり、廉価版EVのモデル3の量産に向けて設備投資資金は足りるのかと足元で不透明感が出ていた。(片平正ニ)

 

★マスクCEOのツイッター
https://twitter.com/elonmusk/status/984705630106673152

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. お騒がせテスラ劇場、続編「ちゃぶ台返し」 続々編は「市場のしっぺ返し」?

  2. トップは働き過ぎと睡眠薬に要注意 テスラ騒ぎで見えた懸念と教訓

  3. 不明さ増した「2つのS」 テスラ、但し書き付の信用力回復 

  4. お騒がせ男の「退場」宣言 テスラ急騰、市場が訝る真偽と真意

  5. 頭下げて男を上げたかマスク氏、テスラ株が大幅な上げ

  6. 鼻息荒いテスラ、9カ月ぶり高値 CEOが空売り筋に警告

  7. テスラ株急伸 アクセル踏んだCEO、踏まされた空売り投資家

  8. テスラが1年ぶり安値 事故調査や格下げで時価総額はGMを下回る

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP