中東諸国の株価指数、軒並み堅調 シリア攻撃の影響は限定的

トランプ大統領が13日、シリアのアサド政権に対して米軍が攻撃したと発表した。シリアでの軍事行動を受けて株式市場への影響が警戒されたが、15日の中東諸国の株価指数は軒並み堅調。イスラエルのTA-125指数は0.55%高で続伸した。

サウジアラビアのTASI指数は1.90%高、ドバイのDFM指数は1.83%高とそれぞれ堅調だった。

週明けの為替市場もドル円は107円50銭台で推移し、13日のNY終値(107円35銭)と比べてドル高・円安に振れている。(片平正ニ)

 


※QUICKデリバティブズコメント・エクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ドル急落、株安進行 コーンNEC委員長辞任へ 高関税への懸念再び

  2. 米追加関税でドル円どうなる? 保護主義懸念でドル売り加速か

  3. 通貨安競争は避けられた? 日本株、関心集める巨大バスケット取引

  4. ドル円、一時108円台 米財務長官のドル安容認発言でどうなる?

  5. VIXが5日続落で1か月ぶり低水準 シリア攻撃後、世界同時株高の流れ 【US Dashboard】

  6. 中国、過去数週間で米国債の買い入れを停止か

  7. ティラーソン米国務長官解任、市場への影響は

  8. 鉄鋼・アルミ関税 トランプ米大統領の君子豹変はあるか

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP