中東諸国の株価指数、軒並み堅調 シリア攻撃の影響は限定的

トランプ大統領が13日、シリアのアサド政権に対して米軍が攻撃したと発表した。シリアでの軍事行動を受けて株式市場への影響が警戒されたが、15日の中東諸国の株価指数は軒並み堅調。イスラエルのTA-125指数は0.55%高で続伸した。

サウジアラビアのTASI指数は1.90%高、ドバイのDFM指数は1.83%高とそれぞれ堅調だった。

週明けの為替市場もドル円は107円50銭台で推移し、13日のNY終値(107円35銭)と比べてドル高・円安に振れている。(片平正ニ)

 


※QUICKデリバティブズコメント・エクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ドル急落、株安進行 コーンNEC委員長辞任へ 高関税への懸念再び

  2. 振れぬ円相場 読めぬ議長の「次の一言」に「次の一手」打てぬHFT

  3. 貿易交渉で圧力→景気業績に下押し圧力→利下げ圧力 対中関税第4弾の衝撃波

  4. 米国株高値そろい踏み 債券、金まで⤴は、そろい過ぎ

  5. 着々とFRB包囲網 トランプの青い鳥「理事に指名、うれしく思う」

  6. じわじわ狭まるFRB利下げ包囲網 つぶやき大統領&おねだり市場 

  7. 米・トルコきな臭さ再び リラ急落、ETFは10%安 ゴラン高原問題で

  8. 市場の非常事態は回避されても止まぬFRB攻撃 次期理事選び、新たな火種に

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP