米国は「適温経済」の真っただ中? 利上げでも銀行融資は緩和的

米国経済はインフレを起こすほど過熱せず、緩やかな成長を維持する「適温経済」の真っただ中にいるようだ。融資の基準を厳しくした米銀の割合をみると、足元の融資姿勢は緩和的だ。米連邦準備理事会(FRB)が9年半ぶりに利上げを実施した2015年12月直後に、米国の銀行は商業用不動産融資に対する基準を急速に厳格化したが、こうした動きは一巡している。

FRBが利上げを続けるなかでも貸し渋りという印象は乏しい。大・中規模企業向け融資にいたっては基準を厳格化した銀行の割合はマイナス圏にあり、むしろ緩和度合いが強まっている。

「投機的等級格付け企業の場合、商工業ローンの融資姿勢が引き締め方向になると、1年後に企業のデフォルト率が上昇する傾向が強い」(クレジット・アナリスト)というのがプロの常識らしい。しかし、米中貿易摩擦の先行きなどを憂え、クレジット・リスクにおびえるという必要はまだないだろう。(丹下智博)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米利上げ、「今年4回」の確率42%に上昇

  2. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  3. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  4. IBM急落が足引っ張る NYダウ、3日ぶり反落

  5. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

  6. 裁定売り残が急減、7500億円台に SQで一部ポジション解消も

  7. ゴールドマン反落 1Q好決算もトレーディング収益が予想に届かず

  8. 新FRB副議長は中立的? 米大統領がコロンビア大教授を指名

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP