裁定ポジション、売り・買いともに減少 動意に乏しく

東証が11日に発表した6日時点の裁定取引に係る現物ポジションは、売り残が1兆893億円(前週比69億円減)で8週ぶりの減少。買い残は1兆4837億円(同646億円減)で2週ぶりの減少となった。

この週は国内では森友学園への土地払下げに関する記録改ざんの問題に続き、存在しないとされた陸上自衛隊のイラク派遣日報が発見されるなど、与党に厳しい国会運営が続いた。ただ3月の年度内に2018年度予算案が成立し、株式市場の関心は国内よりむしろ米国と中国が繰り広げた貿易摩擦問題に移った。日経平均株価は週末にかけ戻りを試したが、裁定買い残はそれほど積み上がらなかった。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 裁定売り残が急減、7500億円台に SQで一部ポジション解消も

  2. 裁定買い残、相場の戻りと共に増加 売り残は最高を更新

  3. 裁定買い残が1年4か月ぶり低水準 売り残は1兆円の大台突破

  4. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  5. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  6. IBM急落が足引っ張る NYダウ、3日ぶり反落

  7. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

  8. ゴールドマン反落 1Q好決算もトレーディング収益が予想に届かず

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP