ソフトバンクに活気戻る 「スプリントがTモバイルとの合併交渉再開」とWSJ

10日の米国株式市場でソフトバンクグループ(9984)のピンクシートが大幅高。前日比6.79%高の37.81ドルで終えた。1ドル=107.20円で試算した円換算値は8106円で、10日の東証終値(7714円)に比べ5.08%高い水準だった。11日の東京市場でもソフトバンクグループ株は寄付き後に前日比5.20%高の8115円まで上昇した。


ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙電子版が10日、「スプリントとTモバイルが合併交渉を再開した」と報じたのがきっかけ。10日の米国市場でソフトバンクグループの子会社のスプリントは急騰。前日比17.12%高い6.02ドルで取引を終えた。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 新債券王、フェイスブックは「売り」 なら「買い」は……

  2. 米10年金利いよいよ3%目前 ドルも全面高、108円後半 【US Dashboard】

  3. アップル安⇔円安 綱引きの日本株

  4. リグ稼働数、3年ぶり高水準 WTI原油上昇は続くか

  5. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  6. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  7. IBM急落が足引っ張る NYダウ、3日ぶり反落

  8. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP