中国、過去数週間で米国債の買い入れを停止か

先週、トランプ大統領が中国に対して1000億㌦規模の製品に関して追加関税を検討するよう米通商代表部(USTR)に指示したことを受け、米中の貿易紛争が警戒されている。スティーブン・ムニューシン財務長官は6日、米経済専門チャンネルのCNBCのインタビューで「貿易紛争になる可能性はある」との見解を示した。

SGHマクロ・アドバイザーズは6日付のリポートで「一見したところ過去数週間、中国は米国債の買い入れを停止したようだ」と指摘した。リポートでは「中国の当局者らはいまだに人民元が相対的に高いと判断しており、幅広くリーズナブルな水準になるべきだと思っている」としながら、「米国との二国間貿易交渉が決着した場合、今年は緩やかに上昇し続けかねない」と人民元相場に上昇圧力が掛かりかねないと警戒してみているとのこと。QUICK FactSet Workstationによれば1月末時点の中国の米国債保有額は1兆1628億㌦で昨年10月末から減少傾向にあり、米中の貿易協議が早期妥結しなければ中国による米国債売りが警戒されそうだ。

中国の米国債保有額と米10年債利回りの推移(QUICK FactSet Workstationより)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 貿易交渉で圧力→景気業績に下押し圧力→利下げ圧力 対中関税第4弾の衝撃波

  2. 米国株高値そろい踏み 債券、金まで⤴は、そろい過ぎ

  3. 着々とFRB包囲網 トランプの青い鳥「理事に指名、うれしく思う」

  4. じわじわ狭まるFRB利下げ包囲網 つぶやき大統領&おねだり市場 

  5. 米・トルコきな臭さ再び リラ急落、ETFは10%安 ゴラン高原問題で

  6. 市場の非常事態は回避されても止まぬFRB攻撃 次期理事選び、新たな火種に

  7. メアリー、ドナルドに叱られる 補助金削減「脅し」でGM反落

  8. 米中間選挙後ラリー 意識するアノマリー

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP