投機筋、ついに円買いに転じる ポジションは縮小

米商品先物取引委員会(CFTC)が6日発表した3日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で投機筋による円の持ち高が、2016年11月22日以来ほぼ1年4カ月ぶりに買い越しに転じた。買い越し幅は3572枚。


内訳を見ると、売り・買いの建玉はともに減少していた。売り残の減少が大きかったため差し引きで買い越しとなった。投機筋はドル円のポジションを全体的に縮小しているとも言えそうだ。

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 投機筋じわりポジション縮小 原油は利益確定、ドル円は円買い建玉減らす

  2. 個人、ドル円で利益確定を継続 買い建玉が2週連続で減少

  3. 個人のドル買いポジション、やや縮小(QUICK店頭FX建玉)

  4. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  5. 個人、早くも利益確定 投機筋の円売りポジションに拡大余地との指摘も

  6. 投機筋、円売りの買い戻し進める 売り越し幅は1年4ヶ月ぶり低水準 CFTC

  7. 投機筋の円売り、半年ぶり低水準 買い戻し圧力後退【US Dashboard】

  8. 投機筋の円ショート、5カ月ぶり10万枚割れ 米CFTC

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP