ドル買い戻し、約1カ月ぶりの高値

5日の外国為替市場では、米中貿易戦争への警戒感の後退を受け、リスクオフの巻き戻しからドルが買い戻された。
対円では一時1ドル=107円49銭、ドルインデックスも90.59まで上昇し、約1カ月ぶりの高値を付けた。
ドルインデックスは1月中旬から、このレンジ内に収まっており、今のところドル安基調が反転したといえる状況ではないが、ドル高がもう一段進めば、ムードが変わる可能性もある。

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. リスクオンで進む円高の謎 日本勢の米債売りも要因か

  2. やはり「ドル安」転換なのか 米CPI上振れ、金利上昇でも円高基調

  3. 円高じわり、107円台 店頭FXのドル円ポジションは?

  4. ドル・米金利どう動く もうじき審判、米中間選挙

  5. 投機筋ついにユーロ売り越し トルコ余波、半端ないドル一強

  6. 投機筋じわりポジション縮小 原油は利益確定、ドル円は円買い建玉減らす

  7. 貿易摩擦と橋龍発言 米国債について回る「売りたい衝動」 

  8. 米金利3%乗せの先は VIXショックとの違い鮮明 【US Dashboard】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP