今夜、3月の米雇用統計発表  雇用者数の伸びは鈍化か

6日の日本時間午後9時半、3月の米雇用統計が発表される。非農業部門雇用者数の市場予想は前月比19万5000人増と、大幅に上振れた2月の31万3000人増から伸びは鈍化するが、高水準が維持される。ただ、控えめな結果を見込む市場関係者もおり、実勢はもう少し低い水準かもしれない。失業率は4.0%と5カ月続いた4.1%から低下する見込みだ。

特に注目されているのが、時間当たり平均賃金の伸び率だ。2月の米長期金利上昇は平均賃金の上振れが起点になり、3月の金利低下は平均賃金の伸び悩みが一因となった。
3月の平均賃金の伸び率は前年比で2.7%と前月の2.6%から加速が見込まれている。予想以上に強い数値が出れば、インフレ懸念の再燃から米金利が上昇して、株式市場などにも影響を与える可能性がある。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

 

関連記事

  1. 米インフレ懸念は加速するか 13日のCPIに注目

  2. 利上げ加速か パウエルFRB議長証言、ポイントはここ

  3. 「パウエル・プット」期待は過剰? FRB新議長、注目の議会証言へ

  4. タカ派のFOMC議事要旨 市場は乱高下 米長期金利、2.95%台に上昇 

  5. 新FRB副議長は中立的? 米大統領がコロンビア大教授を指名

  6. 低調な米雇用統計、ゴールドマン「6月の利上げ確率を80%で据え置き」

  7. 注目のFOMC、ドットチャート様変わり ドル安・米株安は一時的か

  8. 次期司令塔は「強いドル」論者 米国家経済会議委員長にクドロー氏 利上げも支持  

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP