株、海外投資家は大幅売り越し 12週連続で合計は9.4兆円

東京証券取引所が5日発表した3月26~30日の投資部門別株式売買動向によると、海外投資家は現物株と先物の合計で9466億円を売り越した。売り越しは12週連続となり、この間の売り越し額の合計は約9.4兆円に達した。

この週は相場が戻りを試した局面だった。現物株だけを見れば48億円の買い越しで、買い越しに転じたのは12週ぶりとなる。売り越しの大半は先物が占めた。

個人投資家は再び売り越し。売り越し額は1981億円で、うち日経平均先物が1500億円超を占めた。また信用取引でも売り越しだった。早くも戻り売りスタンスに転じた投資家もいるようだ。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 日本株、日銀の買いを上回る海外勢の売り 企業の「110円想定」にため息も

  2. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  3. 株、海外投資家が13週ぶり買い越し 個人は現金による売りが目立つ

  4. 日経平均リンク債、残高の回復ペース鈍い

  5. 海外投資家、11週連続で売り越し 累計で8.4兆円に 個人は一転して大幅買い越しに

  6. ドル急落、株安進行 コーンNEC委員長辞任へ 高関税への懸念再び

  7. 日本株に謎の先物売り VIXショック、「営業不在」の外国証券を直撃か

  8. 日経平均2万2000円回復 裏で動いた「先物買い戻し」

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP