海外投資家、11週連続で売り越し 累計で8.4兆円に 個人は一転して大幅買い越しに

東京証券取引所が29日発表した3月19~23日の投資部門別株式売買動向によると、海外投資家は現物株と先物の合計で2566億円を売り越した。売り越しは11週連続となり、この間の売り越し額の合計は8.4兆円に達した。

週後半に米中の貿易紛争に対する懸念が一気に高まり米株式に売りが膨らんだ。日本にも大きな影響が及ぶリスクが意識され、日本株売りが継続したようだ。内訳をみると現物株の売り越しが4541億円と大きい反面、日経平均先物は買い越しに転じた。市場では「そろそろ底入れを探るタイミングと受け止めていいのではないか」(マネックス証券の広木隆氏)との指摘があった。

対照的に個人投資家は大幅買い越しだった。買い越し額は5304億円で、現物株が3316億円と大半を占めた。株式相場が急落した場面で積極的な押し目買いを入れていたようだ。「昨秋から始まった上昇相場で個人は初動から乗り遅れた。大きな下落局面は買いの好機に見えたのだろう」(広木氏)。23日に日経平均株価が急落した場面では買いオーダーも膨らんでいたという。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

関連記事

  1. 株、海外投資家が13週ぶり買い越し 個人は現金による売りが目立つ

  2. マジックナンバー「3.60%」 その時、マネーが動く

  3. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  4. 株、海外投資家は大幅売り越し 12週連続で合計は9.4兆円

  5. 日本株、日銀の買いを上回る海外勢の売り 企業の「110円想定」にため息も

  6. トヨタは必達目標、日本紙は努力目標? 業績予想にはクセがある

  7. 甦るテーパー・タントラムの記憶 今度の標的はインドネシアか

  8. ドル高、マネーは中小型株へ ラッセル2000が史上最高値【US Dashboard】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP