裁定買い残が1年4か月ぶり低水準 売り残は1兆円の大台突破

東京証券取引所が28日発表した23日時点の裁定取引に伴う現物株の買い残高(期近・期先合計)は前の週に比べて2019億円少ない1兆3321億円となった。2016年11月以来、約1年4ヵ月ぶりの低水準となった。23日は米中の貿易紛争に対する懸念を背景に日経平均株価が900円超も下落。裁定解消売りが出た可能性が高い。

 

対照的に売り残は1051億円増の1兆945億円だった。増加は6週連続で1991年の統計開始以降で最高を再び更新し1兆円の大台も突破した。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 裁定買い残、2カ月半ぶり水準を回復 相場上昇に歩調合わせ

  2. 裁定売り残が急減、7500億円台に SQで一部ポジション解消も

  3. 裁定ポジション、売り・買いともに減少 動意に乏しく

  4. 裁定買い残、相場の戻りと共に増加 売り残は最高を更新

  5. FF金利見通し、FRBと市場とのギャップ

  6. 9月優待、注目は私鉄🚋🚃🚄🚊 利回り高め、株価堅調組も

  7. サウジ攻撃で原油版恐怖指数が急騰 影響はアラムコのIPOにも

  8. 今度は「マイナス金利」でFRBに圧力 利下げ確率⤵で88.8%

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP