裁定買い残が1年4か月ぶり低水準 売り残は1兆円の大台突破

東京証券取引所が28日発表した23日時点の裁定取引に伴う現物株の買い残高(期近・期先合計)は前の週に比べて2019億円少ない1兆3321億円となった。2016年11月以来、約1年4ヵ月ぶりの低水準となった。23日は米中の貿易紛争に対する懸念を背景に日経平均株価が900円超も下落。裁定解消売りが出た可能性が高い。

 

対照的に売り残は1051億円増の1兆945億円だった。増加は6週連続で1991年の統計開始以降で最高を再び更新し1兆円の大台も突破した。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 裁定売り残が急減、7500億円台に SQで一部ポジション解消も

  2. 裁定ポジション、売り・買いともに減少 動意に乏しく

  3. 裁定買い残、相場の戻りと共に増加 売り残は最高を更新

  4. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  5. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  6. IBM急落が足引っ張る NYダウ、3日ぶり反落

  7. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

  8. ゴールドマン反落 1Q好決算もトレーディング収益が予想に届かず

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP