個人、再びドル円を押し目買い(QUICK店頭FX建玉)

 QUICKがまとめた16日時点のFX大手8社の建玉状況、「QUICK店頭FX建玉統計」で円に対するドルの買い建玉は前の週に比べ4.5%増の52万8173(単位:1万通貨)だった。増加は2週ぶり。一方でドル売り建玉は同4.2%減の14万310(同)だった。ドル買い建玉の比率は79.0%と前の週から1.5ポイント上昇した。ドル円が再び1ドル=105円台に突入し押し目買いを入れたようだ。

 米商品先物取引委員会(CFTC)が16日発表した13日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で投機筋(非商業部門)による円の売越幅は4週続けて縮小した。前週比7306枚少ない7万9539枚と2017年9月26日以来ほぼ半年ぶりの低水準。日本の個人とは対照的に投機筋は円売り・ドル買いのポジションを縮小させた。

 シティグループ証券の高島修チーフFXストラテジストは19日付のレポートで「主な為替ファンド持高を指数化したシティFXポジション指数を見ると、いったん中立化した円ポジションがこの数日は再び円ロング構築を示している」と指摘。そのうえで「こうした海外短期筋の円買いに対して、105円台でドル円の下値を支えているのは国内投資家からの打診買いでないかと思われるが、目立った地合い改善にはつながっていない。状況は依然、ぜい弱だ。直近安値(105.2円前後)を割り込む場面では2円ほどの値崩れには覚悟が必要か」と警戒感もにじませた。

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  2. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  3. IBM急落が足引っ張る NYダウ、3日ぶり反落

  4. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

  5. 裁定売り残が急減、7500億円台に SQで一部ポジション解消も

  6. ゴールドマン反落 1Q好決算もトレーディング収益が予想に届かず

  7. 米利上げ、「今年4回」の確率42%に上昇

  8. 新FRB副議長は中立的? 米大統領がコロンビア大教授を指名

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP