次期司令塔は「強いドル」論者 米国家経済会議委員長にクドロー氏 利上げも支持  

トランプ米大統領は15日、自身のツイッターで「ラリー・クドローが国家経済会議(NEC)の委員長に就任することになる。わが国は長年、経済・金融共に大きな成功を成し遂げてきた。低い税率、他に類を見ないイノベーション、自由貿易、そして労働力の拡大が導いている!」とつぶやいた。

6日に辞任を表明したゲーリー・コーン委員長(元ゴールドマン・サックスの社長兼COO)の後任に、正式にクドロー氏を指名した。

そのクドロー氏は正式発表に先立ち、14日に米CNBCテレビの「クロージング・ベル」に出演。「中国は至る所でルールを破っている」などと述べて対中強硬姿勢を強めるトランプ政権の考えに歩調を併せる姿勢を示していた。CNBCのコメンテーターを務めているとはいえ、正式発表前にテレビで政策などに関する意見を表明するのは極めて珍しい。

一方、この日にクドロー氏はコメンテーターらしく、今後の見通しについても数多くの発言を行っていた。

「偉大な国には強い通貨が必要だ。(トランプ大統領が)強く、安定したドルを好まないと思っているとは、信じることができない」などと述べ、強いドル政策が好ましいとの見解を表明。「私はドルが30%くらい上昇しなければならないと言うつもりはないが。我々は国際準備通貨の価値を安定させるつもりだ」と発言した。

さらに「それによって、本国の信頼がつくられている」とも付け加え、安易なドル安誘導をけん制するかのような発言を行っていた。

その上で、「ドルがさらに大幅安となった場合、米連邦準備理事会(FRB)はドル安を阻止するためにさらに利上げを行うべきか?」と質問されたことに対し、「悪くないと思う、現時点では正しい」と回答。現在、ドルインデックスが90近辺にあることを踏まえて、ドル高にするためにFRBの追加利上げが適切との見解を示した。

★ドルインデックスの推移(QUICK FactSet Workstationより)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 新FRB副議長は中立的? 米大統領がコロンビア大教授を指名

  2. 低調な米雇用統計、ゴールドマン「6月の利上げ確率を80%で据え置き」

  3. 今夜、3月の米雇用統計発表  雇用者数の伸びは鈍化か

  4. 注目のFOMC、ドットチャート様変わり ドル安・米株安は一時的か

  5. 米インフレ懸念は加速するか 13日のCPIに注目

  6. 利上げ加速か パウエルFRB議長証言、ポイントはここ

  7. 「パウエル・プット」期待は過剰? FRB新議長、注目の議会証言へ

  8. 米金利占うイベント相次ぐ 今週の米経済指標のポイントは

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP