ビットコイン、1カ月ぶり安値 グーグル・米議会・G20 が規制強化の動き

仮想通貨のビットコイン(BTC)が下落している。円建てのビットコインは日本時間15日早朝に一時86万円を割り込んだ。情報サイトのコインデスクによると、ドル建ては一時8000ドルを下回り、およそ1カ月ぶりの安値を付けた。米グーグルが仮想通貨に関する広告を禁止することが引き続き嫌気されている。世界的な規制強化に対する警戒もある。

※QUICK端末のナレッジ特設サイトから

米アルファベット傘下のグーグルは13日、6月からビットコインなど仮想通貨に関する広告を掲載しないようにすると発表した。仮想通貨の広告規制はフェイスブックに続く措置で、検索サイトのほか動画配信のユーチューブにも広告を載せない方針。仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)の広告も含まれるようだ。グーグルの発表前に米メディアの報道が先行し、ビットコイン売りを誘っていた。

米議会上院金融サービス委員会の資本市場・証券・投資に関する小委員会で、仮想通貨やICOに関する公聴会が開かれたことも規制強化の警戒につながった。公聴会には仮想通貨取引サイトを運営するコインベースの幹部などが参加。米上院では2月にも上院銀行住宅都市委員会で公聴会があり、米議会は高い関心を寄せている。

3月19~20日にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、仮想通貨の規制強化が協議される見通し。日本の仮想通貨交換会社、コインチェックで巨額の不正流出事件が起きたことも規制強化の流れにつながるとみられている。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ビットコインが6%安 ツイッターも広告規制準備か

  2. ビットコイン一段安 マウントゴックスによる処分か

  3. ビットコイン急落 米SECが警告声明、取引所バイナンスでは詐欺被害か

  4. 仮想通貨取引所のZaif、ビットコイン先物取引を終了すると発表

  5. ビットコイン、1万ドル割れ SECがサイト運営者を提訴の情報

  6. ビットコイン、謎の大口買い 9~12日に4億ドル相当

  7. ビットコイン、ヘッジファンドが売り仕掛けか 米先物取引委がポジション公表 

  8. ビットコインに先安観再び 下値メドは5000ドル? オプション取引が示唆

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP