予想通りの米CPI インフレ期待は低下も高水準維持

2月の米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比で+2.2%と1月(+2.1%)から伸び率が加速した。一方、食品とエネルギーを除いたコア指数は1.8%と前月の伸び率から横ばいだった。

前月比でみるとエネルギーの伸びが鈍化したことが影響し、+0.2%と前月(+0.5%)から減速した。コア指数も+0.2%と、前月(+0.3%)から上昇が一服。数値は前年比、前月比ともに概ね予想通りの結果だ。

米債利回りは小幅に低下した。米BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率、債券市場が織り込む期待インフレ率)も低下したが、高水準を維持している。

QUICK FactSet Workstationより作成

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米CPIは予想下回るも、期待インフレ率は横ばい圏【US Dashboard】

  2. 米インフレ懸念は加速するか 13日のCPIに注目

  3. WTIが3年4カ月ぶり高値、米金利上昇の兆し

  4. やはり「ドル安」転換なのか 米CPI上振れ、金利上昇でも円高基調

  5. インフレが来る? 米CPI今夜発表 金利上昇加速も

  6. GEが時間外で2%安、ダウ平均の構成銘柄から除外 WBAが新たに採用

  7. 米GDPナウが4.7%に小幅低下 鉱工業生産の引き下げが下振れ要因か 【US Dashboard】

  8. アップルが3日続落 米中の貿易紛争懸念で先行きに不透明感

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP