リグ稼働数が3年ぶり高水準から減少に転じる、供給懸念和らぐか 【 US Dashboard】

ベーカー・ヒューズが9日に発表した米国内のリグ稼働数が前週比4減の796となり、1月19日以来2カ月ぶりに減少に転じた。前の週の3月2日時点でリグ稼働数は800に達し、2015年4月以来、約3年ぶりの高水準を回復していたが、ひとまず稼働増に歯止めが掛かった格好となっている。
 リグ稼働数はWTI原油先物の遅行指標として知られる。WTIが清算値ベースで年初来高値を記録したのは1月26日(66.14ドル)だった。そこから約1カ月半遅れてリグ稼働数がピークアウトしたところをみると、リグ稼働数の増加による供給過剰懸念はひとまず和らぎそう。

【WTI原油先物とリグ稼働数の推移】

QUICK FactSet Workstationより作成

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. 先物主導で節目回復を演出したのは海外勢 9月第2週

  2. 世界の利上げブームと一線 日本株、海外マネーが導く年初来高値

  3. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  4. 日経平均は乱高下 市場はこう見た安倍3選の「来し方行く末」

  5. 相場転換点の「サインはVI」 日経平均、上昇基調入りも

  6. 米高配当銘柄から資金流出 長期金利3%超で魅力低下

  7. やはり始まった? 中国の米国債売り 貿易戦争は金融摩擦のステージへ

  8. 4日で1000円↗ 日経平均、年初来高値が視野に 海外勢と個人どう動いた

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP