MTGOXの破産財団、ビットコインなど430億円売却 さらに2000億円分も

仮想通貨交換業を手掛けていた「マウントゴックス」の運営会社で現在破産手続き中の「MTGOX」の破産財団が、財団に属するビットコイン(BTC)や昨年8月にBTCから分裂して誕生したビットコインキャッシュ(BCH)を昨年9月以降、順次売却していたことが明らかになった。

破産管財人を務める小林信明弁護士が7日付で東京地方裁判所に提出した報告書によると、昨年9月下旬から3月7日までの間に裁判所の許可を得てBTCは382億円相当、BCHでは47億円相当の合わせて約430億円相当を売却した。財団が管理する残り2000億円相当分のBTCとBCHについても売却を検討していくという。

このニュースを受けて仮想通貨市場ではビットコインを中心に売りが膨らんだ。

出所:コインデスク

日本時間9日には1ビットコイン=9000ドルを割り込んで、先週付けた直近高値の1万1100ドル台から3000ドルほど下げる場面があった。

【日経QUICKニュース(NQN)尾崎也弥】

※NQNが配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. ビットコインに先安観再び 下値メドは5000ドル? オプション取引が示唆

  2. ビットコイン急落 新規参入の「ミスターワタナベ」に打撃 常連組はなお余裕

  3. 仮想通貨に「客観的な指標の必要性」 研究会報告、QUICKがBC4社の平均算出

  4. ビットコインが6%安 ツイッターも広告規制準備か

  5. ビットコイン、1カ月ぶり安値 グーグル・米議会・G20 が規制強化の動き

  6. ビットコイン一段安 マウントゴックスによる処分か

  7. ビットコイン急落 米SECが警告声明、取引所バイナンスでは詐欺被害か

  8. 仮想通貨取引所のZaif、ビットコイン先物取引を終了すると発表

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP