ビットコイン一段安 マウントゴックスによる処分か

円建てビットコイン(BTC)が下値を切り下げている。過去に破産した仮想通貨交換業者マウントゴックスの破産財団による換金売りに対する警戒感が強まっているようだ。最近、一部報道で保有するビットコインなどを弁済資金にあてるため換金を検討と伝わっていた。

ビットコインは8日の米国時間にも大幅安。コインデスクによれば1BTC=9075.87ドルまで下げ、9000ドルの節目に迫った。下落率は前日比で8%超となって急落した。

日本の金融庁が8日に仮想通貨の取扱業者に対して行政処分を発表し、業務改善命令を5社、業務停止命令を名古屋のビットステーション、横浜のFSHOに出したことが警戒された。7日に米証券取引委員会(SEC)が米国内の仮想通貨業者に対して「取引所の登録無しは違法だ」と警告を発したのに続き、世界的に金融当局が仮想通貨業界への取り締まりを厳しくしているものとして関心を集めた。

7日に香港を拠点とする大手仮想通貨取引所バイナンスが資金の引き出しを停止したことでハッキングされたのではないかとの観測が出たことも含め、今週はビットコイン業界に悪いニュースが相次いでいる。

米経済専門チャンネルのCNBCは8日、1万ドルを割り込んで再び下落基調に転じたビットコインの次のサポート水準として、8759ドル、8000ドルなどと指摘していた。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ビットコインが6%安 ツイッターも広告規制準備か

  2. ビットコイン、1カ月ぶり安値 グーグル・米議会・G20 が規制強化の動き

  3. ビットコイン急落 米SECが警告声明、取引所バイナンスでは詐欺被害か

  4. 仮想通貨取引所のZaif、ビットコイン先物取引を終了すると発表

  5. ビットコイン、1万ドル割れ SECがサイト運営者を提訴の情報

  6. ビットコイン、謎の大口買い 9~12日に4億ドル相当

  7. ビットコイン、ヘッジファンドが売り仕掛けか 米先物取引委がポジション公表 

  8. 仮想通貨に「客観的な指標の必要性」 研究会報告、QUICKがBC4社の平均算出

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP