仮想通貨関連株に明暗 イー・ガーディアン(6050)は一時14%高

金融庁が8日午前、仮想通貨交換事業を手掛ける7社を行政処分すると発表し、東京株式市場では仮想通貨関連の明暗が分かれた。投資家の間で業界の再編・淘汰や新しい需要の掘り起こしに対する思惑が交錯した。

子会社が仮想通貨交換業を営むリミックスポイント(2部、3825)は一時前日比91円(9.9%)高の1012円に上昇した。同社の子会社は処分の対象外で、残存者メリットを得られるとの思惑から買いが膨らんだ。新たに交換業への進出を計画しているSBIホールディングス(8473)も206円(7.9%)高の2828円まで上昇した。

■リミックスポイント

 

■SBIホールディングス

一方、傘下企業が改善命令を受けたGMOインターネット(9449)は114円(5.6%)安の1930円まで売られる場面があった。

■GMOインターネット

交換業運営以外の関連銘柄で上昇が目立ったのがイー・ガーディアン(6050)だ。一時460円(14.0%)高の3755円まで買われ、株式分割考慮後の実質的な上場来高値を更新し
た。

■イー・ガーディアン

同社は仮想通貨取引の口座開設時に本人確認審査を代行するサービスを提供している。交換所の管理体制の強化が求められる中、提供するサービスの需要が高まるとの期待を呼んだ。

2月1日に発表した2017年10~12月期連結決算は純利益が前年同期比63%増の1億8700万円と、業績が好調な点も好材料だ。「業績のけん引役はスマートフォン(スマホ)向けゲームの不具合(バグ)検証などを代行するゲームサポート事業」(国内シンクタンクのアナリスト)で成長が期待されている。

今後の物色傾向について市場では、「仮想通貨関連というだけで手当たり次第に買われた段階から、ブロックチェーン(分散型台帳)技術をいかに活用できるかという点に投資家の関心が移っていく」(松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリスト)との見方があった。

【日経QUICKニュース(NQN ) 三好理穂】

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. ビットコインに1万ドルの壁 上昇を阻む「フェイクマネー」懸念

  2. 荒ぶるビットコイン、投機マネーが翻弄 流動性の乏しさは不変

  3. 平成・危機の目撃者⓮ 大西知生が見た外為指標不正の真実(2013)

  4. 平成・危機の目撃者⓬ 伊藤嘉洋が見たバブル崩壊(1992)

  5. ビットコインの変動率が低下、トルコリラ並みに

  6. 新種乱立、止まらぬ「オルト離れ」 Zaif問題で心理悪化に拍車

  7. イーサリアム急落、ピーク時の4分の1に 個人の焦りが下げ加速

  8. やっぱり強いドルが一番 トランプ大統領「リブラ、信頼性ない」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP