日経平均の大幅安受け、日経レバが大商い 純資産は1年3カ月ぶり高水準

1日前場の東京市場で日経平均の2倍の値動きに連動するレバレッジ型ETFの日経レバ(1570)が大商い。優先市場の売買代金ランキングのトップとなり、前場だけで1253億2362万円の大商いだった。売買高は前場を終えた時点で664万3328口となり、25日移動平均(1002万口)の66%ほどとなっている。

日経平均株価が大幅安となる中、さらに2倍の値動きを取れる日経レバに短期の投資家の押し目買い、空売りなどで商いが膨らんだようだ。

日経レバの純資産は2月27日に4821億円となり、2016年11月15日以来、1年3カ月ぶりの高水準を回復していた。指数の値動きが荒っぽい中で投資家需要が高まっているとみられ、大台の5000億円が視野に入っている。

一方、純資産を基準価額で割った口数は26日に2468万口でピークを付け、28日まで減少傾向にあった。日経平均の下落に伴う見切り売りが出れば、組成の際に買い持ちしていた日経先物の売りが出る恐れがあるが、今のところ口数の減少が少ないことから、日経レバ経由の先物売りが警戒される状況ではなさそうだ。

【相場が荒れる中で日経レバの純資産が高止まり(単位・億円)】

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 日経レバ(1570)の純資産、5000億円に迫る 口数も16日連続で増加

  2. 新債券王、フェイスブックは「売り」 なら「買い」は……

  3. 米10年金利いよいよ3%目前 ドルも全面高、108円後半 【US Dashboard】

  4. アップル安⇔円安 綱引きの日本株

  5. リグ稼働数、3年ぶり高水準 WTI原油上昇は続くか

  6. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  7. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  8. IBM急落が足引っ張る NYダウ、3日ぶり反落

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP