次世代通信規格「5G」、高まる商用化への期待 関連銘柄は急騰

世界最大級の携帯電話・タブレットの展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」が26日、スペイン・バルセロナで開幕した。脚光を浴びるのは次世代の通信規格「5G」。通信各社は2019年の商用化に向けて動き始めており、株式市場では関連銘柄の物色が活発になっている。

5Gは現行の通信方式の100倍の通信速度を持つ。通信の遅れはほとんど発生せず、遠隔地でも時間差なく通信できる。日本では2020年開催予定の東京五輪に合わせ、NTTドコモ(9437)が2019年に本格的に投資を開始。KDDI(9433)やソフトバンク(9984)も投資を加速し、国内では2020年までに投資額が10兆円に及ぶ見通しだ。通信大手にとどまらず、関連銘柄の裾野は広い。

5g関連一覧

 27日の東京株式市場では5G関連株は軒並み急騰。サイバーコムは一時前日比19%高の1569円まで買われ、ネクスジェンは13%高となった。アイレックスは34%も上げる場面があった。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです

関連記事

  1. 新債券王、フェイスブックは「売り」 なら「買い」は……

  2. 米10年金利いよいよ3%目前 ドルも全面高、108円後半 【US Dashboard】

  3. アップル安⇔円安 綱引きの日本株

  4. リグ稼働数、3年ぶり高水準 WTI原油上昇は続くか

  5. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  6. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  7. IBM急落が足引っ張る NYダウ、3日ぶり反落

  8. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP