FOMC議事要旨、市場どうみる 「タカ派シグナル」「年4回の利上げ示唆」

米連邦準備理事会(FRB)は21日午後2時(日本時間22日午前4時)、1月30~31日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。FOMC後の声明に「さらなる」という文言を加え、利上げペースの加速を示唆していたが、議事要旨では「上向きの緩やかな利上げの軌道が適切になる可能性が高まった」との見方で一致していたことが明らかになった。米ゴールドマン・サックスなどのエコノミストは21日付のリポートで次のように分析している。

▽ゴールドマン・サックス
「3月のFOMCでの利上げ確率を従来見通しと同じ95%で据え置く」

「さらなる(further)という言葉が使われ、強い成長見通しが示されたが、FF(フェデラルファンド)金利をさらに引き上げる軌道のオッズを高めるものではない」

▽モルガン・スタンレー
「目先の経済見通しが強含んだことで利上げの軌道を緩やかに引き上げることが適切にみているとしたことが1月開催のFOMC声明文で『さらなる』を追加した理由だ」

「物価上昇の確証が欲しいとというFOMC参加者がいるが、少数派だ」

▽バークレイズ
「12月から国内総生産(GDP)の見通しを多くのFOMC参加者が上方修正した」

「完全雇用で2020年までトレンドを上回る経済成長が続くとの予想が、『さらなる』利上げは適切だとみている理由だ」

▽UBS
「3月のFOMCでは予想中央値で2018年に4回の利上げが示されるだろう」

「市場は3月の利上げを92%織り込んでいるが、金融政策の正常化と世界経済の成長が安定していく見方の通りなら、米国のイールドカーブのフラット化は続きそうだ」

▽JPモルガン
「1月開催のFOMCの声明文で『さらなる』との文言が追加された。議事要旨の発表で、『さらなる』の文言の追加はタカ派シグナルということが確認された」

「FOMC参加者の経済見通しは2017年12月開催のFOMCの時よりも明るくなった」

「1月開催のFOMC議事要旨では多くのFOMC参加者が短期的な経済見通しを12月から上方修正したことが示唆された」

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

※QUICKデリバティブズコメントでは2月19日から、QUICK端末上のナレッジ特設サイトで「US Dashboard」のサービスを始めました。米国の長・短期金利スプレッド、期待インフレ率、VIXなど投資家・市場参加者が日々チェックするデータをチャート形式で一覧できます。米経済・市場の変化を見極めるツールとしてご利用いただけます。

関連記事

  1. 注目のFOMC、ドットチャート様変わり ドル安・米株安は一時的か

  2. タカ派のFOMC議事要旨 市場は乱高下 米長期金利、2.95%台に上昇 

  3. FOMC声明「さらなる」の意図は? 議事要旨、22日朝公表

  4. タカ派シグナル? FOMC声明、こう読む

  5. ドルも高金利通貨の仲間入り 米10年債利回りはオセアニアに並ぶ

  6. 新FRB副議長は中立的? 米大統領がコロンビア大教授を指名

  7. 低調な米雇用統計、ゴールドマン「6月の利上げ確率を80%で据え置き」

  8. 今夜、3月の米雇用統計発表  雇用者数の伸びは鈍化か

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP