米時価総額上位は「AAA」に ネットの巨人5社で東証1部の半分超

米市場で「企業の価値」のランキングに変化が出ている。QUICK FactSet Workstationによると、14日終値時点でアマゾン・ドット・コムの時価総額は7024億ドル(約74兆8000億円)だった。マイクロソフトの6992億ドルを上回り、米市場に上場する企業の中で3位に浮上した。

【米株式市場の時価総額上位】

アマゾンは年初から改めて業績面などの成長期待が強まり株高が加速。2日には上場来高値となる1498ドルまで上昇した。一方のマイクロソフトも似たような展開だったが、「成長」という面ではアマゾンの方が期待値が高い。投資指標にも明確に表れており、アマゾンの予想PER(株価収益率、12か月先利益予想ベース)は170倍を超えている一方でマイクロソフトは25倍程度だ。

【アマゾン(青)とマイクロソフト(緑)の過去1年間の株価推移】

(注)QUICK FactSet Workstationより作成。チャートは1年前の株価(終値)を100として指数化

時価総額ランキングではトップにアップル、続いてグーグルを傘下に持つアルファベット、そしてアマゾンとなり「AAA」の上位3社が占めるようになった。マイクロソフトの次となる5位にはフェイスブックが位置している。

さらに中国企業ながらもニューヨーク証券取引所(NYSE)に米預託証券(ADR)を上場させているアリババ集団が追う構図だ。これら5社の合計時価総額は3兆2949億ドル、およそ350兆円にもおよび東証一部の時価総額(638兆円)の半分を占める計算になる。

世界的な経済構造の変化を先導するこれらの企業にマネーが群がり続けるのか。注目を集めそうだ。

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 反トラスト疑惑の代償=14兆円なり GAFA株に売り広がる

  2. あの時だれが米テック株を売ったのか 大口投資家の動向、SEC開示でじき判明

  3. 貿易交渉で圧力→景気業績に下押し圧力→利下げ圧力 対中関税第4弾の衝撃波

  4. 見えてきた10年半ぶり米利下げ そして、さあどうする?黒田さん

  5. アップル強気派が減ってきた 「中立」4割、「売り」も1割 

  6. アップルを辞めていく人たち 今度はデザイン部門トップのJ・アイブ

  7. HUAWEI取引規制、米ハイテク株に冷水 米中問題の着地はFarway

  8. 何が起きる?米中貿易摩擦の最悪シナリオ 業績は、株式相場は、FEDは

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP