円急伸、一時106円台 日経平均VI(145)と連動

14日の東京外国為替市場で円の対ドル相場が正午すぎに急伸。一時1ドル=106円台後半と2016年11月以来、1年3カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。

ドル円の106円台突入に合わせ、日経平均ボラティリティ―・インデックス(VI、145)も33に乗せた。その後、ドル円が107円台に戻す場面では、日経平均VIも31近辺まで低下するなど、連動する動きになっている。

ドル円相場が、2017年9月8日につけた17年の円最高値(107円32銭)をあっさりと突破したため、「個人投資家は戦意喪失パターンに入ったかもしれない」(国内証券情報担当者)との声も漏れている。

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 投機筋じわりポジション縮小 原油は利益確定、ドル円は円買い建玉減らす

  2. 貿易摩擦と橋龍発言 米国債について回る「売りたい衝動」 

  3. アップル安⇔円安 綱引きの日本株

  4. 中東諸国の株価指数、軒並み堅調 シリア攻撃の影響は限定的

  5. 個人、ドル円で利益確定を継続 買い建玉が2週連続で減少

  6. 投機筋、ついに円買いに転じる ポジションは縮小

  7. ドル買い戻し、約1カ月ぶりの高値

  8. 今夜、3月の米雇用統計発表  雇用者数の伸びは鈍化か

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP