恐怖指数、2年5カ月ぶりの高水準 NYダウ急落でボラティリティが高まる

5日の米国市場で恐怖指数のVIXが大幅続伸。一時は35.73まで上昇して106.41%の急騰となり、2015年8月25日以来、2年5カ月ぶりの高水準に達した。米金利上昇への警戒感から株式相場が大荒れとなり、NYダウが24000ドルを割り込んで一時1597.08ドル安となるなど米株が急落する中、ボラティリティが急速に高まる展開となった。

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. スキュー指数9カ月ぶり高水準の不気味 ハイテク株高値警戒でヘッジの動きも

  2. VIX、一時3カ月半ぶり低水準 アップルと雇用統計で地合い改善

  3. 米10年金利いよいよ3%目前 ドルも全面高、108円後半 【US Dashboard】

  4. 「習演説」で買われた中国関連銘柄 貿易摩擦懸念が後退

  5. スキュー指数が2カ月ぶり低水準、反動高に警戒か

  6. ドルインデックス上昇、ドル高・株高の流れに戻るか

  7. 恐怖指数のVIXが急低下、「不安領域」脱す

  8. ダウ急落再び 恐怖指数が急反発 VIXショートETFは大幅続落 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP