安倍首相の「目標株価」は2万9000円? 在任期間中の伸び率で歴代2位目指すなら

21日付日本経済新聞朝刊にこんなくだりがあった。

「戦後の歴代政権でトップは佐藤栄作の3.07倍、次いで中曽根康弘の2.87倍。いずれも長期政権だ。安倍は12月20日現在で2.23倍にとどまる。『総理、できるだけ長く政権を維持し、株価を上げて少なくとも中曽根さんは超えましょう』。麻生が呼びかけると、安倍はうなずき、大事に紙を受け取った」(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24856190Q7A221C1SHA000/)

麻生太郎副総理・財務相が安倍晋三首相に示したとされるこの倍率は、歴代総理の首相就任時から退任するまでの日経平均株価の伸び率だ。仮に現政権が中曽根政権の2.87倍を上回るには、日経平均の目標は2万8929円との計算になる(政権発足の前営業日、2012年12月25日の終値は1万80円12銭)。

この水準が政権としての「目標株価」となるならば、市場は金融・財政政策や規制緩和、構造改革の進展期待などを抱き続けることになる。しかし、期待を抱かせる分、失望に変わる場面では反動も出かねない。

【QUICKデリバティブズコメント:岩切清司】

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 恐怖指数のVIXが20割れ 相場急変前の水準に

  2. 米長期金利、上昇一服も低下は期待薄か

  3. ビットコイン、1万ドル割れ SECがサイト運営者を提訴の情報

  4. 米長期金利、なぜ上がる④ 緩む需給 海外勢も米国債離れか

  5. FOMC議事要旨、市場どうみる 「タカ派シグナル」「年4回の利上げ示唆」

  6. タカ派のFOMC議事要旨 市場は乱高下 米長期金利、2.95%台に上昇 

  7. FOMC声明「さらなる」の意図は? 議事要旨、22日朝公表

  8. 米長期金利、なぜ上がる③ パウエル新FRB議長の手腕読めず

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP