サイバダイン(7779)が大幅高 医療用ロボが米で市販承認 「HALに春が来た」

サイバーダイン(7779)株が大きく値上がりしている。装着型ロボット「HAL」が17日付で米食品医薬品局(FDA)の市販承認を取得したことで、米国事業での収益期待が高まったためだ。20日の終値は前日比235円(12.87%)高の2060円となった。ここ2日間での上昇率は20%を超える。

今回、FDAから承認を得たのは、下半身に装着して歩行を補助する「HAL医療用下肢タイプ」。

Prof. Sankai, University of Tsukuba / CYBERDYNE Inc.

 

11月半ばにFDAの承認が近いと伝わってから、株価は上昇基調にあった。FDA承認を受け、野村証券は19日付で「HALに春が来た」としてサイバダインの目標株価を3400円から3700円に引き上げた。投資判断は3段階で最上位の「バイ(買い)」で据え置き。米国でHALによる治療が2019年3月期以降立ち上がり、中長期に治療可能な病院数や患者数の増加が加速すると予想した。

 

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. 「メルカリ祭り」午後の部 売買代金トップ、時価総額はミクシィの約3倍

  2. サイバーダイン、大株主が大量売却  どう動く空売り投資家?

  3. 満身創痍の地銀株にも選別の芽 前向き評価、持たざるリスク意識

  4. 国債市場の膠着は極限レベル 「ボラ・ゼロ」間近、相場操縦問題も影

  5. 最後の楽園? 利回り求め、北欧カバード債投信に向かうマネー

  6. 「やむなく利上げ」に気をもむ韓国 貿易戦争のとばっちりで株安ウォン安

  7. 制裁×報復=円高の歓迎されざる方程式 リスクオフで買われ、日米通商協議で圧力

  8. 話題のIPOも前人気低調 スマホの小米につきまとう不安

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP