南アフリカランドが8円台後半に上昇 ラマポーザ氏が次期大統領有力候補に

外国為替市場で、南アフリカランドが上昇している。対円では一時1ランド=8円台後半を付けた。18日実施した与党の党首選挙が買い材料となった。

南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)が18日実施した議長(党首)選挙で、ラマポーザ副大統領(65)が当選した。議長で、大統領のズマ氏(75)の元妻ドラミニ・ズマ氏(68)に勝利した。現職のズマ氏は2019年に退任するため、新議長が次期大統領の有力候補となる見通し。

ズマ氏には汚職疑惑があり、ラマポーザ氏は汚職や経済の立て直しを主張していた。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. リスクオンで進む円高の謎 日本勢の米債売りも要因か

  2. 南ア・ランド、新大統領でも重い上値 政治リスクなお大きく

  3. 南ア・ランド急伸 政治改革に期待、景気実態は映さず プラチナ輸出に打撃

  4. 踏み込んだプレゼンター、瀬踏みするインベスター ソフトバンクGのフェアバリューとは

  5. 銅先物が1年ぶり6000ドル割れ 鉱山開発銘柄が大幅安

  6. コモディティ相場で閉じ始めたワニの口

  7. FANG、本場も日本も絶好調 関税発動に動じず

  8. スキュー指数9カ月ぶり高水準の不気味 ハイテク株高値警戒でヘッジの動きも

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP