フィンテックの一角が228%高 米CNBC「ビットコインの狂気」と警鐘

18日の米国市場で、金融テクノロジー事業を手掛けるロングフィンが急騰。228.85%高の72.38㌦で終え、一時は142.82㌦まで上昇して株価が前日比で6.4倍に達する場面があった。

ロングフィンは今月13日にナスダックに新規株式公開(IPO)を果たしたばかりの中小型株。米経済専門チャンネルのCNBCによれば、15日にブロックチェーン技術を手掛けるZiddu.comを買収したと発表して買いが殺到したという。初値(6.65㌦)からわずか4営業日で株価は10倍超となった。ロングフィンの本業は輸出入の決済のほか、人工知能(AI)を使って中小企業向けに金融サービスを提供している。ビットコインなど仮想通貨が強含む中、CNBCは「ビットコインの狂気」とテーマを囃した異常な株高に警鐘を鳴らしていた。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています

関連記事

  1. 賢人も大富豪もビットコインに厳しい見方 関連銘柄の米DPWが7%安

  2. ビットコインが7000ドル割れ FBIが技術サポートを装った詐欺を警告

  3. ビットコイン、9000ドル割れ 「バイナンスに金融庁が警告方針」報道

  4. ビットコインが6%安 ツイッターも広告規制準備か

  5. ビットコイン、1カ月ぶり安値 グーグル・米議会・G20 が規制強化の動き

  6. ビットコイン一段安 マウントゴックスによる処分か

  7. ビットコイン急落 米SECが警告声明、取引所バイナンスでは詐欺被害か

  8. 米コインベース、仮想通貨のインデックス・ファンドを発表

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP