来年末の日経平均株価 証券各社の予想平均は2万4400円

日経平均株価が26年ぶりの高値圏で推移している。市場の視線はすでに2018年へ向かっており、証券各社の予想も出そろいつつある。来年末の日経平均の予想水準を平均すると、約2万4400円となり、強気見通しが並んだ。

日経平均

野村証券は米税制改革法案の可決に着目している。「米国景気の成長加速はグローバル景気を押し上げる要因となり、日本企業の業績拡大につながる」と予想。一方でJPモルガン証券は「企業業績は市場コンセンサスより上振れ、最終的には2桁近い増益率になる」と期待する。

今年の上げ相場のけん引役だった海外投資家。来年もその動向に注目が集まるなか「海外勢による買いの拡大が見込まれる」(ゴールドマン・サックス証券)という。日本株のポジションが「依然として軽め」といい、買い余力があるようだ。

ただ、相場が一本調子で上がるとの見方は少ない。「18年後半に株式市場が調整する」としているみずほ証券は、19年の世界景気の減速懸念や日銀によるテーパリング(量的緩和による資産購入の縮小)議論の開始の可能性、さらに消費増税に伴う19年度の減益を懸念材料とした。

▼大手金融機関の18年末予想(日経平均株価)

社名               日経平均     TOPIX
大和証券             2万7000円     ─ ※
ゴールドマン・サックス       2万5200円       2000※
JPモルガン           2万5000円       2050
バンクオブアメリカ・メリルリンチ 2万5000円           2000
ソシエテ・ジェネラル       2万4500円           1900
クレディスイス          2万4500円             ─
野村証券             2万4000円           1900
SMBC日興証券         2万3500円           1850
東京東海調査センター       2万3500円             ─
みずほ証券            2万2000円           1700
モルガン・スタンレー                               1820
HSBC                                     1550

※大和証券は18年12月予想
※ゴールドマン・サックスは12カ月後の予想

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. スキュー指数9カ月ぶり高水準の不気味 ハイテク株高値警戒でヘッジの動きも

  2. ネトフリ決算で嫌気されたある数字 時間外で急落、関連銘柄に波及

  3. アマゾン上場来高値 主力ハイテク株3つ揃いで指数けん引

  4. 強い物価基調は変わらず 米CPI、6年4カ月ぶり上昇率【US Dashboard】

  5. 貿易戦争下で何を買う 「米国内需」?「米国外需」? GSが銘柄選びの提案

  6. 米政権、オウンゴール気味のドル高 貿易戦争で半年ぶり水準に

  7. 動揺トルコ、通貨も株も急落 リラは対円で最安値水準

  8. 「7.12」試される市場心理 一足早い目玉の決算、安川電とファストリ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP