トルコリラが急落 利上げ幅0.5%に失望売り

トルコリラが対ドルで急落(1カ月余りで最大の下落)、対円でも再び29円を割り込んだ。トルコの中央銀行は14日の金融政策決定会合で、4つの政策金利のうち後期流動性貸出金利を0.5%引き上げ、12.75%とした。他の3つの金利は据え置いた。

利上げ幅のエコノミスト予想の中央値は1.0%であったことから、0.5%という利上げ幅に対する失望売りが膨らんだ。「引き上げ後の12.75%でも、インフレ率13%近辺には届いていない。引き続き、トルコリラは不安定となる」との見方が広がったようだ。

トルコ

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. リスクオンで進む円高の謎 日本勢の米債売りも要因か

  2. トルコリラ、29円台に上昇 11月CPIが予想上回る 前年比12.98%上昇

  3. トルコリラ最安値、それでも衰えぬミセスワタナベの買い

  4. 恐怖指数のVIXが20割れ 相場急変前の水準に

  5. 米長期金利、上昇一服も低下は期待薄か

  6. ビットコイン、1万ドル割れ SECがサイト運営者を提訴の情報

  7. 米長期金利、なぜ上がる④ 緩む需給 海外勢も米国債離れか

  8. FOMC議事要旨、市場どうみる 「タカ派シグナル」「年4回の利上げ示唆」

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP