元FRB議長、グリーンスパン氏はビットコインをどう語ったか

米連邦準備理事会(FRB)のアラン・グリーンスパン元議長は6日、米経済専門チャンネルのCNBCに出演し、史上最高値を更新し続ける仮想通貨のビットコインを1775年の米独立戦争時に戦費調達のために発行された通貨・コンチネンタル紙幣に例えた。

当時、13州の代表によって構成された大陸会議がコンチネンタル紙幣の発行を認めていたが、1782年には無価値になったという。

ジョージ・ワシントン初代大統領が戦争中に武器などを購入するのに役立ったというものの、グリーンスパン氏は「コンチネンタル紙幣は本当のモノやサービスを作り出したが、結局は無価値になった事実がある」と指摘。米国がイギリスから独立するという目的を達成したことで、究極的には無価値になるのは当然という見立てのようだ。グリーンスパン氏は米国の歴史書を共同執筆した経歴を持つとのこと。

その上でグリーンスパン氏は「人間が買っている、ありとあらゆるものには何ら価値が無い。カジノでギャンブルに興じる人々は勝ち目がないのに、誰にも止められない」とも述べ、ビットコインに投資する投資家に厳しい見方を示した。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 賢人も大富豪もビットコインに厳しい見方 関連銘柄の米DPWが7%安

  2. ビットコインが7000ドル割れ FBIが技術サポートを装った詐欺を警告

  3. ビットコイン、9000ドル割れ 「バイナンスに金融庁が警告方針」報道

  4. ビットコインが6%安 ツイッターも広告規制準備か

  5. ビットコイン、1カ月ぶり安値 グーグル・米議会・G20 が規制強化の動き

  6. ビットコイン一段安 マウントゴックスによる処分か

  7. ビットコイン急落 米SECが警告声明、取引所バイナンスでは詐欺被害か

  8. 米コインベース、仮想通貨のインデックス・ファンドを発表

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP