米CVSヘルスなど軒並み安 「デス・バイ・アマゾン」銘柄は? AI×ライターで追跡

11月30日の米国市場の時間外取引で、薬局チェーンのCVSヘルスなどドラッグストア関連銘柄が軒並み安となった。「アマゾン・ドット・コムが後発薬を手がけるマイランなどとドラッグストア関連で協議している」と伝わったのがきっかけだ。アマゾンの進出で影響を受ける「デス・バイ・アマゾン」銘柄は―ー。QUICKのオプションサービス「エクイティコメント」は日本時間12月1日早朝から、「QUICK AI速報」と組み合わせた「AI記者×ベテランライター」のコラボで、追跡した。

まずは、人間の記者が第一報「アマゾンがドラッグストア関連で協議」をキヤッチ

次に、AI記者。マケッソン(薬品卸売業)、CVSヘルス(薬局チェーン)などアマゾンのドラッグストア参入で不利益をうけそうな銘柄の下げをキャッチ。

そして続いて、人間の記者。連想売り波及の背景をわかりやすく解説。

 

【コンテンツ編集グループ・矢内純一】

 

 

 

関連記事

  1. スキュー指数9カ月ぶり高水準の不気味 ハイテク株高値警戒でヘッジの動きも

  2. ネトフリ決算で嫌気されたある数字 時間外で急落、関連銘柄に波及

  3. アマゾン上場来高値 主力ハイテク株3つ揃いで指数けん引

  4. 強い物価基調は変わらず 米CPI、6年4カ月ぶり上昇率【US Dashboard】

  5. 貿易戦争下で何を買う 「米国内需」?「米国外需」? GSが銘柄選びの提案

  6. 米政権、オウンゴール気味のドル高 貿易戦争で半年ぶり水準に

  7. 動揺トルコ、通貨も株も急落 リラは対円で最安値水準

  8. 「7.12」試される市場心理 一足早い目玉の決算、安川電とファストリ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP