ビットコイン関連のスクエアが急落 投資判断引き下げで

27日の米国市場で仮想通貨決済などを手掛けるフィンテック企業のスクエア(@SQ/U)が8営業日ぶりに急反落。一時は40.37㌦まで下げ、下落率が17%を超えた。

スクエア株価チャート

 

売上高は順調に拡大してきたが…

スクエア売上高推移

BTIGリサーチが27日付のリポートで投資判断をニュートラルから売りに引き下げ、目標株価を30㌦と現行水準よりも大幅に安い水準に設定したことが嫌気された。スクエアが「スクエア・キャッシュ」のアプリでビットコインを売ったり買ったりできるようにしたことが株価が急騰につながったと評価したが、「今年は259%も株価がラリーした」などと最近の急騰によってかなり割高になったと警鐘を鳴らした。

アナリストの目標株価から逸脱していた11月

スクエア目標株価とのかい離
仮想通貨のビットコイン(BTC)は27日、コインデスクで1BTC=9732.76㌦まで上昇して史上最高値を更新し、1万㌦の大台に迫る展開となった。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKデリバティブズコメントは、日経平均先物を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するオプションサービスです。

関連記事

  1. 賢人も大富豪もビットコインに厳しい見方 関連銘柄の米DPWが7%安

  2. ビットコインが7000ドル割れ FBIが技術サポートを装った詐欺を警告

  3. ビットコイン、9000ドル割れ 「バイナンスに金融庁が警告方針」報道

  4. ビットコインが6%安 ツイッターも広告規制準備か

  5. ビットコイン、1カ月ぶり安値 グーグル・米議会・G20 が規制強化の動き

  6. ビットコイン一段安 マウントゴックスによる処分か

  7. ビットコイン急落 米SECが警告声明、取引所バイナンスでは詐欺被害か

  8. 米コインベース、仮想通貨のインデックス・ファンドを発表

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP