サムスン株急落 半導体需要サイクルに「下降」観測 東京市場にも波及

27日の韓国株式市場でサムスン電子が5%下落した。アナリストのリポートを受けて半導体需要の先行きへの楽観的な見方が後退。韓国半導体のSKハイニックスも連れ安し、東京市場や台湾市場でも半導体関連に売りが出た。世界的な株高をけん引してきたハイテク株の下落に投資家の警戒感が強まっている。

サムスンチャート

「NAND型フラッシュメモリーの需要サイクルが2017年10~12月期に16年1~3月期以来、初めて下降局面に入った」。米モルガン・スタンレーのアナリスト、ショーン・キム氏らはこう指摘し、サムスン電子の投資判断を3段階で最上位の「オーバーウエイト(買い)」から真ん中の「イコールウエイト」に引き下げた。目標株価は290万ウォンから280万ウォンに下方修正した。

背景にあるのがデータセンターや中国のスマートフォンの記憶媒体向けの需要の弱含み。「NANDの市況は市場の想定よりも速いペースで下落しそうだ」とも警告する。同じ半導体メモリーのDRAMについても業界の設備増強を受け、19~20年に供給過剰になる可能性があるという。

27日の韓国の半導体株売りは海外にも波及した。NANDでサムスンに次ぐシェアを持つ東芝(6502)が2%安となり、製造装置の東京エレクトロン(8035)やディスコ(6146)も下げた。台湾では台湾積体電路製造(TSMC)が約3%下落した。

サムスンの7~9月期は営業利益が前年同期の2.8倍となる14兆5300億ウォンと好調だった。このうちNANDとDRAMなどの半導体部門が7割近くを稼ぐ。半導体事業の勢いが鈍れば、株価の先高期待がしぼむのも無理はない。

サムスン株は今年に入り前週末までに54%高となっていた。米フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は今年に入って48%上昇するなど、スマホやデータセンターなどの需要増の恩恵を受ける半導体銘柄は世界的に買われてきた。リポートに冷や水を浴びせられたサムスン株。不可逆的な変調の到来なら、世界株に一段と波紋を広げかねない。

【NQN香港=柘植康文】

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. 加熱する半導体投資 メモリ市場を価格競争の嵐が襲う

  2. 仮想通貨のマイニング熱、半導体企業に大きな商機

  3. 韓国株ETFが急伸 防衛関連銘柄は軒並み下落 南北首脳会談合意で

  4. 最後の楽園? 利回り求め、北欧カバード債投信に向かうマネー

  5. 「やむなく利上げ」に気をもむ韓国 貿易戦争のとばっちりで株安ウォン安

  6. 制裁×報復=円高の歓迎されざる方程式 リスクオフで買われ、日米通商協議で圧力

  7. 話題のIPOも前人気低調 スマホの小米につきまとう不安

  8. リラ安の連鎖絶てるか 強気な大統領の出方に怯える相場の弱気

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP