日経平均のPER、S&P500に接近 QUICK・ファクトセットで18倍

日経平均株価が26年ぶりの高値圏に浮上したことで、投資家の関心は割高感の強弱に移りつつある。判断にあたって投資家が利用する指標が株価予想収益率(PER)。高いほど投資家の期待が強く、株価水準としては割高と判断される。QUICK FactSet Workstationによると、今後12カ月先の業績予想を基にした日経平均のPERは3日に17.81倍まで上昇した。これは2016年12月下旬以来およそ10カ月ぶりの高水準だ。
株価は26年ぶりの水準まで上昇してきたが、先行きの業績期待が高まっているため、PERは直近のレンジ内にとどまっている。指数採用企業の1株あたり予想利益(EPS)が切り上がり、PERの上昇を抑えている。

日経平均PER2

※QUICK FactSet Workstationより

一方、世界市場で見比べると日経平均は割安とは言えなくなりつつある。機関投資家が運用指標の参考にする米S&P500種株価指数は18.10倍。日経平均と大差はない。欧州の主要600社で構成するSTOXX600指数のPERは15倍台にとどまり日経平均はこれを上回る。
ただ、TOPIXのPERは15倍台だ。日本株全般で見れば、まだ割安感が残っているとも言えそうだ。

【QUICKデリバティブズコメント・岩切清司】

※この記事はQUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した内容です。QUICKデリバティブズコメントは、日経平均先物や債券を中心に相場動向をLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

 

 

関連記事

  1. 踏み込んだプレゼンター、瀬踏みするインベスター ソフトバンクGのフェアバリューとは

  2. 銅先物が1年ぶり6000ドル割れ 鉱山開発銘柄が大幅安

  3. コモディティ相場で閉じ始めたワニの口

  4. FANG、本場も日本も絶好調 関税発動に動じず

  5. スキュー指数9カ月ぶり高水準の不気味 ハイテク株高値警戒でヘッジの動きも

  6. ネトフリ決算で嫌気されたある数字 時間外で急落、関連銘柄に波及

  7. アマゾン上場来高値 主力ハイテク株3つ揃いで指数けん引

  8. 強い物価基調は変わらず 米CPI、6年4カ月ぶり上昇率【US Dashboard】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP