2017衆院選 自民30%、立憲23%、希望16% 最終世論調査(JX通信)

報道ベンチャーのJX通信社が14~15日に実施した東京都内での衆院選情勢調査(第4回)で、比例東京ブロックでの投票意向首位は自民党で30%(1ポイント増)となる一方、第2党として立憲民主党が23%(5ポイント増)で続いた。2週間前の前々回調査で首位だった希望の党は2週続けて投票意向を減らし、16%(前回比2ポイント減)にとどまった。

支持政党別では、支持する政党はないとしたいわゆる無党派層が30%(前回比4ポイント減)、自民党が28%(2ポイント増)となったほか、立憲民主党が19%(4ポイント増)、希望の党が11%(2ポイント減)、共産党が6%(1ポイント増)と続いた。東京都内では比例投票先、支持政党ともに立憲民主党が希望の党を大きく上回る傾向が明確になったと言える。

東京都内での小池百合子知事の支持率は前週比3ポイント減の34%だった。不支持率は59%となり、今年1月の都内での調査開始以来最も高くなっている。対する安倍政権の支持率は41%で、不支持率は54%だった。

JX通信社では、今回の調査をもとに、衆院選比例代表東京ブロックでの各党の獲得議席(定数17)を予測した。この予測によると、自民党が6議席を固め、最大で8議席までの伸びしろがある状態で第1党となる可能性が高い。続く第2党は立憲民主党で現状4議席を固めており、最大で6議席までは獲得できる可能性がある。希望の党は3議席を固めたが上限は4議席と見られ、共産党と公明党はそれぞれ1~2議席にとどまりそうだ。日本維新の会は1議席を獲得できるかどうか微妙な情勢だ。

調査はRDD方式で実施し、989人が回答した。回答率は71.9%だった。

(QUICK NewsLine)

 

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】 17日 anfac(7035)仮条件、8月の米消費者態度指数

  2. 【朝イチ便利帳】 16日 7月の豪雇用統計、エヌビディア決算

  3. 【QUICK Forecast 企業業績】主要345社、来期も堅調 全業種で営業増益

  4. 【朝イチ便利帳】15日 7月の米小売売上高、8月のQUICK短観

  5. 【朝イチ便利帳】14日 出光興産や大塚家具など決算、中国で経済統計の発表相次ぐ

  6. 【朝イチ便利帳】 13日 8月のQUICK月次調査<外為>、タイ市場が休場 

  7. 【朝イチ便利帳】 10日  4~6月GDP速報値 決算ピーク 日本郵政など500社以上

  8. 決算を瞬時に判定、株価インパクト算出 QUICKの分析ツール

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP