ダウ初の2万2000ドル突破、トランプ政権発足後で最も上昇した銘柄は?

ダウチャート2

2日の米株式市場でダウ工業株30種平均が初の2万2000ドルを突破しました。終値は前日比52ドル32セント(0.23%)高の2万2016ドル24セントでした。トランプ氏が大統領選に勝利した2016年11月8日から直近8月2日までのダウ構成銘柄の騰落率を調べたところ、27銘柄が上昇しました。上昇率が最も大きかったのはボーイングで66%、次いでアップルが42%、マクドナルドが38%でした。これらの3銘柄は足元の好決算による株価上昇が寄与したようです。米航空機大手ボーイングの2017年4~6月期決算は最終損益が17億6100万ドルの黒字(約1957億円の黒字)と、前年同期の2億3400万ドルの赤字から黒字に転換しました。

一方、大統領選直後にトランプ氏が掲げる規制緩和の期待から株価が上昇し、トランプ相場の主役といわれたゴールドマン・サックスの上昇率は24%と、ダウ平均並みにとどまりました。トランプ大統領の目玉政策である医療保険制度改革法(オバマケア)の見直しが頓挫するなど、政策に対する期待感がはく落。ゴールドマン・サックスの株価も伸び悩んだようです。

ダウ構成銘柄2

 

 

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】 17日 FRB議長が議会証言、GSやJ&Jなど決算

  2. 【朝イチ便利帳】13日 6月の中国貿易統計、決算は東宝や松竹 

  3. 【朝イチ便利帳】12日 決算はファストリ、安川電、ユニファミマ 6月の米CPI

  4. 【朝イチ便利帳】 11日 5月の機械受注統計 ローソン決算 6月の米PPI

  5. 【朝イチ便利帳】10日 「シックスパッド」のMTG上場、SUBARUが新中経

  6. 【朝イチ便利帳】9日 小米(シャオミ)上場、7月のQUICK月次調査<株式>

  7. 【QUICK Forecast 企業業績】新日鉄住金と東京製鉄、来期も営業増益

  8. 【朝イチ便利帳】6日 米国が対中制裁関税を発動、6月の米雇用統計

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP