日経平均2万1000円まで上値余地 ステート・ストリートの田畑氏

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ
ポートフォリオマネジャー 田畑 富郎氏

 日経平均株価は2万円の大台に近付いているが、17年の上値メドは2万1000円を想定しており、上値余地はまだあるとみている。グローバル株式の中で、日本株を一番強気にみており、米株や欧州株よりも投資妙味があるだろう。

 米連邦準備制度(FRB)が今後も利上げをすることはコンセンサスだが、金利上昇の局面では割高な株と割安な株のギャップがグローバルで解消すると考えている。米株>欧州株>日本株の順に株価収益率(PER)が高い。先進国の中ではPERが高い米株はそろそろ上値が重くなるとみている。欧州株は欧州中央銀行(ECB)の金融緩和で景気が上振れているが、業績モメンタムは弱い。テーパリング(量的緩和による資産購入の買入れ縮小)による影響を受ける可能性もある。たが、米金利上昇は円安をもたらし、割安で出遅れ感が強い日本株の追い風となるだろう。
 米金利上昇はセクターにも波及するとみており、金融・エネルギー・外需などのセクターに投資妙味があるとみている。バリューの側面が強い金融セクターは割安銘柄と割高銘柄のギャップ縮小の恩恵を受けよう。足もとで原油価格は調整気味だが、エネルギーセクターは最悪期を脱したとみている。外需セクターは米金利上昇による円安の恩恵を享受できる。

 外国為替相場のドル円に関しては1㌦=108~110円程度を想定している。現行の為替水準よりも円高の予想だ。ただ、想定為替レート105~110円としている企業が多く、108円~110円でドル円が落ち着けば、上方修正の余地はあるとみている。

聞き手はデリバティブズ・コメントの西本宏喜

(QUICK NewsLine)

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】15日 ブリヂストン決算、米消費者態度指数、中国CPI

  2. 【朝イチ便利帳】14日 10〜12月期GDP速報値、1月の中国貿易統計

  3. 【QUICK Forecast 企業業績】2期連続で増収増益見込みの情報・通信業

  4. 【朝イチ便利帳】13日 東芝、リクルートなど約300社が決算 米・英CPI

  5. 【朝イチ便利帳】12日 日産、楽天、マックなど決算 FRB議長が講演

  6. 【朝イチ便利帳】8日 資生堂、三菱地所など500社決算、話題の毎勤統計

  7. 【朝イチ便利帳】7日 SUBARUやメルカリなど260社が決算、12月の景気動向指数

  8. 【QUICK Forecast 企業業績】2期連続で増収増益見込みのサービス業

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP