株式市場、下期業績に慎重な見方 QUICK月次調査で「下方修正が増加」36%

株式市場関係者の間で、企業業績の先行きに弱気・慎重な見方が増えてきた。QUICK月次調査によると、2018年度下期の業績について「下方修正する企業が増える」との回答が36%、「多くの企業が小幅な業績修正」が46%だった。

「米中貿易協議で安心材料が出てこない限り、日本株は上昇のきっかけをつかみにくい状況が続きそう」(投信投資顧問)など、先行きが見えない貿易戦争を心配する声が多い。

7~9月期決算では、アナリストの事前予想を下回った企業が多かった。その理由は「中国経済の減速」(28%)、「原材料費や人件費などコスト上昇」(23%)が目立った。これを受けて、発表後に下期や通期の見通しを下方修正するアナリストが相次いだ。

調査期間は12月4~6日。証券会社および機関投資家の株式担当者140人が回答した。(QUICKナレッジ開発本部 永島奏子)

※QUICKでは株式や債券、外為部門などの市場関係者を対象に毎月、足元の景気や相場動向についてアンケートを実施。結果を「QUICK月次調査」として各部門ごとに公表しています。「QUICK月次調査<株式>」はヒストリカルデータも含めて、QUICKの情報端末からダウンロードできます。

関連記事

  1. 市場区分見直し基準は「時価総額に着目」7割 株式関係者、QUICK月次調査

  2. 2019年度見通し、株式「強気」が激減 QUICK月次調査

  3. 高値2万3160円で去年を超えられぬ?日経平均 専門家155人が月次調査で予想、リスクは米中

  4. 株式担当者、54%が国内株「強気」 「弱気」は13% QUICK月次調査<株式>

  5. 日本版「適温相場」持続の条件は個人マネー QUICK月次調査<株式>から

  6. 3月のQUICK投資家心理指数が急低下 「鉄鋼」アンダーウエート増加 米保護主義警戒か 

  7. 国内機関投資家、日本株に強気 1月のQUICK投資家心理指数上昇、16年12月以来の水準に

  8. 波乱の予感も与党勝利か アベノミクス継続なら株価上昇?

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP