業績見通し「下方修正」が優勢 QUICKコンセンサスDI、2年ぶりのマイナス幅に

アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示すQUICKコンセンサスDI(11月末)は、金融を含む全産業ベースでマイナス17と、前月(マイナス10)から7ポイント悪化した。2016年10月(マイナス18)以来の低水準となった。内訳は「強気」が59銘柄(全体の15%)、「変化なし」が214銘柄、「弱気」が129銘柄(全体の32%)だった。

QUICKコンセンサスDIは、アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる

業種別でみると算出対象の16業種のうち、DIがマイナスだったのは11業種。「鉄鋼」がマイナス80と、前月のプラス14から94ポイントも低下しているほか、「輸送用機器」が30ポイント、「建設」が27ポイントと悪化した。一方、プラスは3業種、変わらずは2業種だった。

個別銘柄では、3カ月前の予想純利益と比較して下方修正率が最も大きい銘柄はLIXILグループ(5938)だった。10月22日に2019年3月期の連結純利益を従来予想の500億円から15億円に下方修正。イタリアの建材子会社ぺルマスティリーザの中国企業への売却について対米外国投資委員会(CFIUS)の承認が得られず会計処理を変更することが響いた。

下方修正が目立つ中、ソニー(6758)は予想純利益は10月末の6390億1400万円から6754億9300万円へ引き上げられ、上方修正率の上位をキープしている。10月30日に今期純利益を従来予想の5000億円から7050億円に上方修正した。ゲーム事業が好調に推移するほか、音楽や半導体事業の利益も想定を上回る。

関連記事

  1. ソフトバンクGやJDIの業績期待広がる 10月のコンセンサスDIはマイナス幅拡大

  2. エーザイの業績拡大期待高まる、LINEは下振れ予想増える QUICKコンセンサスDI 

  3. 製造業が大幅に低下 QUICKコンセンサスDI 「非鉄金属」はマイナスに

  4. 信越化(4063)が4%高、ソニー(6758)は7%安  27日の夜間PTS

  5. ソニー、利益を上方修正 売上高進捗率は77.56%に

  6. 日本株ETF(EWJ)に今年最高の資金流入、ドル安でも日本株高をサポート?

  7. 川崎船(9107)弱気の市場予想が続く 9月のコンセンサスDIはマイナス圏へ

  8. QコンセンサスDI、5カ月ぶりプラス 新電工(6967)に業績上振れ期待

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP