安倍さん、今度こそ「財政健全化」と「構造改革」を!  9月のQUICK短観

20日投開票の自民党総裁選は、安倍晋三首相の3選が有力視されている。「アベノミクス」は一定の成果をあげたが、次の総裁任期ではどのような政策で日本経済の成長力を高めていくのか。企業は、次期・安倍政権が優先すべき経済政策を「消費増税の実施をはじめとする財政健全化」と「働き方改革や少子化対策などの構造改革」とみている。

9月のQUICK短期経済観測調査(QUICK短観)は359社の上場企業が回答し、うち290社が次の総裁任期で最優先すべき経済政策に関する特別質問に回答した。調査期間は8月30日~9月10日。


「財政健全化」と「構造改革」を求める回答はいずれも22%。次いで「消費増税の延期・撤回」が14%、「金融政策の正常化」と「TPPやFTAなど多国間の通商関係を構築」がそれぞれ12%だった。

安倍首相は19年10月に予定する10%への消費増税について「予定通り引き上げたい」と述べている。政府の財政健全化に向けた取り組みがどこまで進むのか注目点になる。

※QUICK端末では、QUICK短観の業況判断DI、自社株判断DI、円相場判断DIなど各種ヒストリカルデータをダウンロードできます。

関連記事

  1. サマータイムに冷やかな反応 9月のQUICK短観、反対が4割

  2. 記録的猛暑も「業績に影響なし」が8割近く 8月QUICK短観~その2

  3. 上場企業のESG取り組み度は「半々」 8月QUICK短観~その1

  4. 鈍い物価、要は気持ちの問題 賃金伸びず遠い好循環 7月のQUICK短観 

  5. 貿易摩擦、日本企業は意外に冷静? 「経済停滞」心配だが…… 7月のQUICK短観

  6. 物言う株主ますます存在感 上場企業の7割「動向に注意」、QUICK短観6月

  7. ザラ場の決算発表「トヨタ流」広がらず 上場企業の7割が消極的、QUICK短観6月

  8. 人手不足解消、カギは外国人雇用の制度見直し QUICK短観・5月調査

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP