アリババ、「腹ペコ」の子と元安リスク 【米決算プレビュー】

中国の電子商取引(EC)大手のアリババ集団(BABA)が23日、2018年4~6月期決算を発表する。ネット出前サービス「餓了麼(ウーラマ)」を傘下に収めた効果で売り上げは大幅に伸びたが、その損失も加わるため利益は圧迫されたもよう。ウーラマは中国語で「お腹が減った!?」の意味。文字通り、腹ペコの子供が親の稼ぎを食っている構図といえる。米中の貿易戦争を背景とする人民元安もリスクだ。

【アリババの18年4~6月期決算の市場予想】
・売上高         :814億6500万元(前年同期比62%増)
・EPS(非GAAP)  :8.42元    (同6%増)
※予想はQUICK FactSet Workstation 8月10日時点

QUICK FactSet Workstationによると、4~6月期の連結売上高は前年同期比62%増の814億6500万元(約1兆3200億円)だったようだ。ウーラマの運営会社を5月に完全子会社にし、連結対象に加えたことが寄与する。アリババは期初に19年3月期の売上高が前期比60%伸びるとの見通しを示しており、第1四半期は会社計画を上回る増収ペースになったとみられている。

ウーラマは中国のネット出前サービスの横綱だ。香港の交銀国際によると、中国の外食市場全体に占める出前市場の比率は18年に18%と、17年の8%から倍以上に拡大する。ウーラマの売上高も順調に伸び、19年3月期はアリババの売上高におよそ170億元がプラスされる見通しだ。これはアリババ全体のおよそ4%に相当する。

ネット出前の市場規模は拡大の一途だが、ライバルとの競争も激しい。騰訊控股(テンセント)グループの「美団点評」とつばぜり合いを演じており、なかなか利益が上がらない。ウーラマが19年3月期にアリババ全体の利益率を3%押し下げるとの試算もあり、今後いかにうまく注文をさばき、配送効率を高めていくかが利益を上げるカギになる。「今年はウーラマの逆ザヤが縮小する」(UOBケイヒアン)との見方もあるが、しばらくは親のすねをかじり続けることになるだろう。連結決算に加わった第1四半期は、売り上げアップと利益ダウンの間でアリババの評価は揺れるかもしれない。

ウーラマだけではない。動画配信の「優酷土豆」がサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の放映権を買って、およそ15億元の追加コストが発生したのに加え、グループに加えた物流サービスの「菜鳥網絡」や生鮮スーパーの「盒馬(フーマー)鮮生」も引き続き利益の足を引っ張る要因だ。

もちろん、それらはみな巨大なアリババ経済圏を築くために必要なコストだろう。たくさん食べれば、すくすく育つかもしれない。優酷でW杯が観戦された回数は、日本の紅白歌合戦に相当する春節(旧正月)晩会の1.5倍になったという。アリババのライバル、京東集団(JDドットコム)が仕掛けた創業記念日の「6月18日」商戦には、ネットとの融合を狙うアリババ傘下の実店舗も参戦。「ニューリテール(新小売り)戦略が効き始めている」(中金公司)という。

足元のアリババ株は上値が重い。リスクは、中国消費の減速感と激しさを増す米中の貿易戦争か。中国国家統計局によると、物品に限った全国インターネット売上高は1~6月に前年同期比29.8%伸びた。十分に高い伸びだが、1~3月の34.4%から鈍化している。一方、貿易戦争は投資家心理を重くするだけでなく、中国の通貨、人民元の対ドル相場に下落圧力をかけている。ロバートWベアードは6月の人民元の対米ドルの下落率から、アリババの為替関連の損失が少なくとも10億元になるとはじき、「人民元安の基調が変わらなければ、向こう数四半期にわたって逆風になりかねない」との見方を示している。

アリババの上場以来の株価推移

(大谷篤)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。米国株については決算結果の速報ニュースのほか、FANGプラスの銘柄を中心に決算発表前に注目ポイントをまとめた「米決算プレビュー」を配信しています。投資に役立つ独自コンテンツをまとめたQUICK端末の「ナレッジ特設サイト」では、米決算プレビューに加えて決算発表の日程も公表しています。

 

関連記事

  1. エヌビディア、データセンター好調で大幅増益か【米決算プレビュー】

  2. ディズニー、「動画の王国」へのエピソード1 【米決算プレビュー】

  3. テスラ、生産は?財務は?CEOの振る舞いは? 【米決算プレビュー】

  4. スマホ決済のスクエア、顧客層広がりに期待 【米決算プレビュー】

  5. アップル、本当の期待と驚きは新機種が出る7~9月 【米決算プレビュー】

  6. キャタピラー、ショックとピークを見極め 【米決算プレビュー】

  7. アマゾン、プライムとクラウドで強さ示せるか 【米決算プレビュー】

  8. フェイスブック、楽観論点検のタイミング 【米決算プレビュー】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP