上場企業のESG取り組み度は「半々」 8月QUICK短観~その1

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が「ESG投資」を始めて約1年。株式市場での銘柄選びだけでなく、環境配慮などのESGは企業経営の重要テーマのひとつになっている。QUICKが15日にまとめた8月の短期経済観測調査(QUICK短観)によると、ESGを具体的に実践している企業と、特に取り組んでいない企業の割合はほぼ半々という結果になった。

8月QUICK短観は上場企業361社が回答。このうち296社が「ESG」への取り組みに関する特別質問に回答した。調査期間は8月1日~12日。

ここ1年間で「ESG」に具体的に取り組んた企業は138社と全体の47%。「関心はあるが特に取り組みはしなかった」との回答が44%(130社)で、「ESGに関心がない」が9%(28社)で、2つ合わせた「取り組まなかった」企業は53%だった。

具体的に実践している企業にその内容を聞いたところ、「E(環境分野)、S(社会貢献)、G(企業統治)のすべて」との回答が21%(63社)と最も多かった。次いで、「SとGの2つ」が6%(18社)、「Gのみ」が5%(14社)と続いた。E、S、Gのそれぞれの分布をみると、Gに取り組んだ企業が78%(107社)と最も多く、Sが75%(104社)、Eが69%(95社)となった。

企業の中には、従来からESG対応に取り組んでいる企業も多く、中期経営計画においても経営の基本方針に定めている会社やE、S、Gのそれぞれを改善する企業もみられている。

※QUICK端末では、QUICK短観の業況判断DI、自社株判断DI、円相場判断DIなど各種ヒストリカルデータをダウンロードできます。

関連記事

  1. 鯨ざぶーん、ESG投資の拡大期待じわーり  QUICK月次調査<株式>

  2. 安倍さん、今度こそ「財政健全化」と「構造改革」を!  9月のQUICK短観

  3. サマータイムに冷やかな反応 9月のQUICK短観、反対が4割

  4. 記録的猛暑も「業績に影響なし」が8割近く 8月QUICK短観~その2

  5. 鈍い物価、要は気持ちの問題 賃金伸びず遠い好循環 7月のQUICK短観 

  6. 貿易摩擦、日本企業は意外に冷静? 「経済停滞」心配だが…… 7月のQUICK短観

  7. 物言う株主ますます存在感 上場企業の7割「動向に注意」、QUICK短観6月

  8. ザラ場の決算発表「トヨタ流」広がらず 上場企業の7割が消極的、QUICK短観6月

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP