貿易摩擦、日本企業は意外に冷静? 「経済停滞」心配だが…… 7月のQUICK短観

米中の貿易摩擦が激化するなか、QUICKが18日まとめた7月の「QUICK短期経済観測調査(QUICK短観)」によると、日本企業は貿易摩擦の深刻化で経済全体の停滞を心配しているものの、自社への直接的な収益影響などは比較的、少ないとみていることが分かった。

7月のQUICK短観は365社の上場企業が回答し、うち308社が貿易摩擦に関する特別質問に回答した。調査期間は7月3日~12日。

貿易摩擦による最も大きな影響は何かを聞いたところ、「経済全体を停滞させる」が45%(139社)で最多だった。次いで「大きな影響なし」が22%(69社)だった。

「外為相場や株式相場の変動による悪影響」が20%(61社)、「販売減や調達難およびコスト増で収益面に悪影響」が11%(33社)と続いた。「生産・調達体制(拠点や経路)の見直し再編を迫られる」は2%(6社)だった。

 

※QUICK端末では、QUICK短観の業況判断DI、自社株判断DI、円相場判断DIなど各種ヒストリカルデータをダウンロードできます。

関連記事

  1. 中国減速、製造業の警戒強く 非製造「影響ない」8割 2月のQUICK短観

  2. 上場企業、貿易摩擦の強まりで「マイナスの影響」46% QUICK短観

  3. 企業マインドも梅雨寒 製造業DIが3年ぶり低水準 QUICK短観7月

  4. 女性役員「今はゼロ、今後は未定」が5割 6月のQUICK短観

  5. 上場企業、新卒の通年採用「支持」が8割  5月のQUICK短観

  6. 東証の市場区分見直し 「賛成」39%「反対」13% QUICK短観

  7. 企業の景況感、悪化にひとまず歯止め 3月QUICK短観、円高警戒も後退 

  8. ゴーンの衝撃、自然の猛威 企業が選んだ18年の重大ニュース QUICK短観

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP